開発・広報の河村です。

本日、12月のLAショーで新型アテンザが発表されるとアナウンスされました。
チラッと画像も公開されていましたが、全面改良ではなくマイナーチェンジのようです。

GJアテンザ、これで外装まで変更される大掛かりな商品改良は二度目となるわけですね。
もちろん新型も良いのでしょうが、2012年デビューの初期型も、2015年からの現行型も全く古く見えないのがすごい。
元々のデザインがいかに完成されているのかが証明されていますね。

GJアテンザワゴン(平成24年11月~平成27年1月)
GJアテンザワゴン2012


GJアテンザ(平成27年1月~)
GJアテンザ2015


GJアテンザワゴン(平成27年1月~)
GJアテンザワゴン2015


さて、ここからが本題です。
GJアテンザのセダン、ワゴン共に、昨年8月に内装デザインが刷新されました。
ダッシュやステアリングなどが新形状に変更されるなど、大幅に作り変えられています。
ケンスタイルではGJアテンザデビュー直後にステアリングを開発しましたが、平成28年8月以降の車両には使えなくなってしまったんです。

それから少々時間がかかってしまいましたが、昨年からお問合せの多かったGJ系アテンザ(平成28年8月~現行)用ステアリングの発売がついに決定しました!

今日はその試作モデルを公開します!!

KF系CX-5などに設定しているMD01オールブラックレザーと同じデザインを採用。

GJ系アテンザ(平成28年8月~現行)用ステアリング
ME02オールブラックレザー(シルバーステッチ) ¥35,000 +消費税

高級感とスポーティさを融合したルックスと、太目の握り心地が人気のスタイルです。

GJ系アテンザ(平成28年8月~現行)用ステアリングl
ME01オールブラックレザー(レッドステッチ) ¥35,000 +消費税

左右のグリップ部は、握りやすさを追求した立体的な形状です。

GJ系アテンザ(平成28年8月~現行)用ステアリング

下部を直線的にしたDシェイプが、スポーツドライビングを盛り上げます。

GJ系アテンザ(平成28年8月~現行)用ステアリング

レザーはサラサラした手触りが好評のニュージーランド産牛本革を使用。
一部にはパンチング加工を施しています。

GJ系アテンザ(平成28年8月~現行)用ステアリング

ステッチカラーは、スポーティなレッドシックなシルバーの二色を設定します。

レッドステッチ
GJ系アテンザ(平成28年8月~現行)用ステアリング

シルバーステッチ
GJ系アテンザ(平成28年8月~現行)用ステアリング

また、純正ステアリングから流用するU字型シルバーパネルをカバーする、ドライカーボンパネルとのセットも設定。

GJ系アテンザ(平成28年8月~現行)用ステアリング
※MD01オールブラックレザー(レッドステッチ)装着例

カーボン調ではない本物のドライカーボンならではの炭素繊維の輝きが自慢の逸品です。

GJ系アテンザ用新作ステアリングの価格は以下の通りです。

【GJ系アテンザ(平成28年8月~現行)用ステアリング】
ME01オールブラックレザー(レッドステッチ) ¥35,000 +消費税
ME02オールブラックレザー(シルバーステッチ) ¥35,000 +消費税
ME01Cオールブラックレザー(レッドステッチ)&ドライカーボンパネル ¥39,800 +消費税
ME02Cオールブラックレザー(シルバーステッチ)&ドライカーボンパネル ¥39,800 +消費税
M01ドライカーボンパネル単品 ¥5,800 +消費税

GJ系アテンザ(平成28年8月~現行)用ステアリング

デリバリーは2018年初春より開始予定です。

車両に装着した写真も間もなく公開できると思いますので、続報にご期待ください!

-----<お知らせ>-----
※当ブログの記載内容は、アップ時点の情報となっています。
 最新の情報はウェブサイトの各商品ページをご確認下さい。
※下のいいね!ボタンを押すと、あなたのfacebookにケンスタイルの更新情報が表示されます。