開発・広報の河村です。

発売から1年近くが経過し、街中でもよく見かけるようになったKF系CX-5
当社のエアロパーツステアリングロングパドルシフト他、対応パーツはどれも相変わらず人気商品です。

KF系CX-5用パーツの中でも、大勢のオーナー様にお選びいただいているのがクロームメッキのガーニッシュ
両面テープで貼り付けるだけの簡単装着ながら、キラキラ輝くメッキによるドレスアップ効果は絶大です。

今日はそんなKF系CX-5用メッキガーニッシュを改めてご紹介してみようと思います。

KF系CX-5といえば、キリっとした目つきと、シグネチャーウイングを持つフロントグリルが印象的です。

こちらがノーマル車両。
null

顔の上側は立体的で華美なイメージですが、フロントバンパーの下半分は控え目です。
つや消しブラックの部分が多いのと、存在を感じさせない小さなフォグランプのせいでしょうか。

そんなフロント周りに高級感を上乗せできるのが、「フォグランプガーニッシュ」「フロントバンパーフィン」です。

フォグランプの下に装着しているのが「フォグランプガーニッシュ(¥24,800 +消費税)」
KF系CX-5用

ナンバープレートの両脇、純正バンパー開口部のフィンに被せているのが「フロントバンパーフィン(¥19,000 +消費税)」です。
ケンスタイルのKF系CX-5用フロントバンパーフィン

この二つのパーツはラインが繋がるようにデザインされているため、組み合わせて装着するのがお勧めです。

メッキガーニッシュだけを装着するとこんな感じになります。
ケンスタイルのKF系CX-5用メッキガーニッシュ

ガーニッシュがアクセントとなり、バンパー下部の形状が強調されています。
シグネチャーのメッキとの相性もばっちりです。

次にリア周り。
KF系CX-5は、小振りなテールランプを左右に離してレイアウトしたことでワイドな印象を作り出しています。

これはノーマル車両。
null

テールランプの間隔を広く取ったことで、マツダエンブレムの左右に大きな面が広がっています。

この面をキリッと引き締め、表情を作り出すのが「リフトゲートガーニッシュ(¥25,700 +消費税)」です。
ケンスタイルのKF系CX-5用リフトゲートガーニッシュ

これに、リフレクター上部に装着する「リアリフレクターガーニッシュ(¥24,200 +消費税)」を組み合わせると、リア周りは一気に華やかになります。
ケンスタイルのKF系CX-5用リアリフレクターガーニッシュ

さり気ないメッキガーニッシュが程良いアクセントになります。
ケンスタイルのKF系CX-5用メッキガーニッシュ

そしてボディサイドに設定しているのが、「ドアミラーガーニッシュ」「アウタードアハンドルカバー」です。

「ドアミラーガーニッシュ(¥22,200 +消費税)」
ケンスタイルのKF系CX-5用ドアミラーガーニッシュ

「アウタードアハンドルカバー(¥20,810 +消費税)」
ケンスタイルのKF系CX-5用ウタードアハンドルカバー

どちらの製品もドアミラーとドアハンドルをフルカバーするのではなく、あえてボディカラーを見せることで、メッキをボディに馴染ませる効果を狙っています。

これらメッキガーニッシュ、それぞれ小振りなパーツではありますが、その品質にはケンスタイルの拘りが詰まっているんです。

周囲が映り込むメッキパーツは、表面に僅かな歪みがあるだけで映り込んだ景色も歪んでしまい、美しく見えません。
そのため、ベースとなる樹脂の成形からメッキを掛ける作業など、全ての工程を日本国内の工場で行っています。
ちなみに成形には、コストはかかりますが、美しい製品を生み出す事ができるインジェクション成形を採用しているのも自慢です。

純正アクセサリーとして全国のマツダディーラーで販売されているのは、こういった拘りの品質が認められた結果なのです。

フルモデルチェンジにより、さらに高級感が増したKF系CX-5。
さり気なく高級感をプラスできるケンスタイルのメッキガーニッシュをお勧めします!

【KF系CX-5用パーツ一覧】
http://www.kenstyle.co.jp/aeroparts/MAZDA-CX-5-269.html


-----<お知らせ>-----
※当ブログの記載内容は、アップ時点の情報となっています。
 最新の情報はウェブサイトの各商品ページをご確認下さい。
※下のいいね!ボタンを押すと、あなたのfacebookにケンスタイルの更新情報が表示されます。