開発担当の岩井です

今日はエアロパーツか出来上がるまでの流れをご説明させて頂きます。
(発泡ウレタンで造形の場合)


1.デザイン完成(ここに辿り着くまでも生みの苦しみがあるのですが今回は省略)

2.実車に発泡ウレタンの貼り付け…エアロの形を削る為のベース

3.造形…発泡ウレタンをデザイン通りに削っていく

4.確認・調整…いろんな角度から確認し形を整える

5.マスター完成…製品の元となるマスター(ここまで約3週間)

6.型製作…マスターと同じ物を沢山作る為の型、たい焼きの型みたいな物

7.型完成(更にここまで4週間)

8.フィッティング…型から抜いた製品を実車に合わせる(ドキドキします。)

9.調整(8.の結果次第で期間が異なる)

10.製品完成!!

・・・といった流れです。
当社の新型プリウス用エアロの現状は、工程8番目の「フィッティング」を終えたところです!

そしてこれが型抜き1号!


まもなく完成致しますので、すでにご注文頂いたお客様も、これからご注文頂くお客様も、
もう少々お待ちください!!