2008年09月01日 15:31

KENSTYLE USA日記

皆さんこんにちは、KENSTYLE鈴木です。



暑さとゲリラ雨が繰り返されて、まるで人間が地球に叱られているような毎日が続いてますが、
皆さんお元気にお過ごしでしょうか?



今年の夏は、暑さとGasの値上がりでどこにも行けず仕舞い。。しかし、7月の20日に帰国する前に
ロサンゼルスからフロリダへの出張があったのを思い出しブログにUpしちゃおうかなぁ~・・・なんて。



9月に入ったばかりの今朝、
ニュースではカトリーヌに続く大型ハリケーンがフロリダやニューオリンズで猛威を振るってるようですね。
幸いにも私が滞在した7月にはそんな大荒れという事は無く、快晴と雨の繰り返し・・・。



*ガソリンの価格が高騰し続けていた7月、FL州のガソリン価格は1ガロンあたり1ドルCA州より安かったなぁ~



訪問先の某自動車メーカー南東エリア営業を管轄する会社の架装ライン工場の敷地に見たものは、
東京ドーム2個分ぐらいのスペースにぎっしり置かれたトラックSUV。



その会社の副社長さんは僕に、
「あそこにすごい数のトラック、SUVが止まってるでしょ~。
あんな台数前回来た時に無かったと思わない?
あれ全部在庫なんだよ・・・」

(写真はありません)

確かに前回訪問した際には広い敷地だけが広がり、在庫車など目につかなかった・・・
原油高騰は、トラック・SUVの販売にかなりのダメージを与えているようでした

実際にどれほどトラック・SUVが不振か話を聞いていると、
タンドラ、セコイヤ、タコマといった車種は、5年ローンの金利0%。

更に、ディーラーによっては100万円台の値引きもあるようです
どれほど在庫を掃きたいかが伝わってきます・・・。


年明け大統領選が決着すれば経済も回復するだろうと、アメリカの人たちは言っておりますが、
本当にそうなってくれないかなぁ~・・・と祈るばかり。

ここにきて原油も下がってきましたが、
TOYOTAさんがハイブリッドのトラックなんか発売すれば、
間違い無くハイブリッドトラック・SUVの波が来ますな。



さて、話が少しそれましたが・・・


次に見せて頂いたのが、日本で製造されCAのポートに入り南東地区までレールで運ばれた車たち。

たて積み3段ですよ~・・・。



詰ってますよね~。



車を降ろすために、まるで桟橋のようなスロープを使用するようです・・・。



このスロープの高さを変えて車達を降ろします。



真横からみたスロープ~・・・こんなに長くないと3段済みの車両は降ろせないんですね。



次々に降ろされる車たち~。


この日本から運ばれてきた車は既にどこのディーラーに配車されるか、また注文かが識別されてて、
オプションパーツなどを装着するために工場に入る順番待ちをします。





工場内では架装作業中の車がボンネットを開けて整列~。




こちらのタンドラ君もおオメカシてもらってます。




シートだって現地オリジナルに張りかえま~す。




もちろん、ホイールもスペシャルパッケージ用に交換。




表で出くわしたカムリですが、全米で5本の指に入るピンストライパーをこの工場で雇って、
1台1台ハンドメイドカスタム。




ボディー色シルバーのカムリに上半分をガンメタ塗装した上にパーティングラインをピンストで飾ります。



ディーラー販売のスペシャルパッケージで、
ここまでカスタムに徹するアメリカの自動車文化って不思議。

というか、恐れ入りました。



出来上がった車両はこんなに大きなキャリアカーで各ディーラーまで運ばれて行きま~す。




国もデカけりゃ、道も広い、したがって走る車や、作るもの全てがデカイわけですね・・・。



こんなフロリダの出張でした~。




まだまだ画像が沢山あるのですが・・・




明日からまたLAオフィスでお仕事です。。。



したがって準備があって、意外と大変な写真をUpする作業ができない~。


続きは皆さんが忘れた頃に・・・という事で。





今回、ひとつの仕事として、
11月に開催されるSEMAショーの某メーカーに展示される車両のBody KitをLAで製作します。


まだイメージも見せられないほどの未発売車ですが、なかなかカッコいい車ですよ。




と、日本の皆様にご紹介しても、ほとんど日本ではお目にかからない車種なのですが。



LA入りしたらまた現地の情報を写真でご報告しますね~。


Posted at: 2008/09/01/15:31
この記事に対するトラックバックURL :
http://www.kenstyle.co.jp/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=58


2008年08月23日 17:53

ヴェルファイア用エアロパーツ


広報の河村です!

今日は開発中の新製品をご紹介します!!

既に好評発売中のアルファードに続き、トヨタ・ヴェルファイア用エアロです♪
今回は純正エアログレードとなるZグレード専用となります。(V、X装着不可)

ケンスタイルヴェルファイアエアロパーツ
ケンスタイルベルファイアエアロパーツ

フロントとリアに設定した艶消し黒の塗り分けが、面の大きな車体を引き締めます!

上の画像は完成予想イラストですので、細部形状が変更になる可能性がありますが、
基本的な形に変わりはありません。

現在予定しているパーツは以下の通り。

●フロントハーフスポイラー(FRP製)
●サイドスカート(FRP製)
●リアハーフスポイラー(FRP製)

発売時期は今秋、価格は現状未定です。

その他パーツの開発についても決まり次第お知らせ致します。
また、「こんなパーツが欲しい!」なんていうリクエストがあればドシドシお知らせ下さい!
(実際に作るかどうかは検討を重ねてみなければ分かりませんが…)

ディーラー専売のアルファードと違い、こちらはアフターマーケット向け商品です。
カー用品店やプロショップ等でもお買い求めいただけます。

街中で見かける機会の増えてきたヴェルファイア。
高いクルマにも関わらず新車販売も絶好調のようですね~。
そんな人気車種だからこそ、個性的にドレスアップしてみてはいかがでしょうか~?


この記事に対するトラックバックURL :
http://www.kenstyle.co.jp/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=57


2008年08月09日 18:14

NOAH メッキ調パーツ装着

開発の岡です。

先日ご紹介させていただいたメッキ調パーツの最終テスト品があがって来ました。
早速、当社デモカーに装着。
先日は「生首」に装着していたので、イマイチ臨場感が伝わりませんでしたが、
実車に装着すると納得のフィット感です。
エアロとは趣きが異なるカスタムですが、この様な仕上げ方も面白いと思います。

■純正バンパーに貼るだけで、より精悍に引き締まった顔つきに早代わり。
※リップスポイラーはネジ止め作業があります。
n1

■純正のボンネットメッキトリムとの色合いも良い感じです。
n2

発売日、定価は近日中にご案内させていただきます。

Posted at: 2008/08/09/18:14
Category: 最新情報
この記事に対するトラックバックURL :
http://www.kenstyle.co.jp/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=56


2008年07月29日 11:46

ノア、埼玉方面へ出張中


広報の河村です。

今日は埼玉県の皆さまに朗報です♪
当社の70ノアデモカーが下記店舗様にて展示中です!

●オートナウ浦和店
 展示期間 7月25日~7月30日

●オートナウ草加店
 展示期間 7月31日~8月5日

当社エアロパーツのクオリティを皆さまの目でご覧頂くチャンスです!
お近くの皆さま、この機会をお見逃しなく!!

詳しくは下記オートナウさんのホームページでご確認下さい!
http://www.autonow.jp/

ケンスタイルノア

Posted at: 2008/07/29/11:46
この記事に対するトラックバックURL :
http://www.kenstyle.co.jp/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=55


2008年07月28日 20:06

Newアイテム 完成度95%


初めまして!
ケンスタイルの開発担当の岡と申します。
ようやくこのBLOGにデビューすることが出来ました。

ご紹介させていただくのは、現在鋭意製作中の新アイテムです。
ABS製のメッキ調パーツで、ノーマル+αのシンプルな構成としました。

車庫事情等でバンパースポイラーやハーフスポイラーが装着できない方や
ノーマルのフォルムをそのまま活かしたいユーザー様にドンピシャなアイテムです。

第一弾として、現行70系NOAH&VOXYのエアログレード用のフロントリップとロワグリルトリムを製作中です。
お盆明けには完成品をご紹介できそうです。

現在開発途中ですが、写真を一部掲載します。
※少々見辛いかもしれません。ゴメンナサイ。

■NOAH



■VOXY


NOAH&VOXYのエアロバンパー中央の股割れ部分をストレートにつなぐリップスポイラーと
グリル下部の装飾パネルの2点です。
取付方法もとてもカンタン!
ノーマルフォルムを崩すことなく、個性的な顔つきに変える事が出来ます。

発売日、価格等は近日中に発表します。
もう少しだけお待ち下さい。



Posted at: 2008/07/28/20:06
Category: 最新情報
この記事に対するトラックバックURL :
http://www.kenstyle.co.jp/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=54


2008年07月14日 20:16

東急ハンズ→アムラックス東京


広報の河村です。

昨日、野暮用で池袋の東急ハンズまで買い物に行ってきました。
毎度のことながら、ハンズは危険なお店です。。。
買う物を決めて突撃しても、店を出るときは余計なものもたくさん抱えてます。
面白いものが多すぎて毎度予想外の散財。もちろん昨日も…。
でも東急ハンズって大好きなんですよね~。
デザイン学校へ通ってた頃は毎日のように立ち寄っていたので、今でも行くと若かりし頃を思い出します。
ハンズで課題用の材料探しに疲れると、お隣のアムラックスでクルマを眺めて休憩するのがお約束でした。

そういえば、最近はアムラックスもご無沙汰だなぁ。
…ということで久々に突撃っ!
アムラックス東京

っと、その前に、みなさん、アムラックス東京はご存知ですか?
トヨタの新車が70台も展示されていて、それに触ったり乗ったりできちゃう巨大な展示場です。

アムラックス東京ホームページ

メガウェブも有名ですけど、アムラックスの方が静かで落ち着いた感じです。
ディーラーさんとは違って営業さんが話しかけてくる事も無く、心置きなくクルマに触れます!

ヴェルファイア
やはり今の時期は、旬なアルファード、ヴェルファイアが大量に展示されていました。
あと、プリウスを始めとするハイブリッドの展示にも力が入ってましたねー。

そしてこちらは、いつもお世話になっているモデリスタさんコーナー。
モデリスタコーナー
ん!?

マークXジオ・ケンスタイルバージョン!
マークXジオのケンスタイルバージョンじゃあ~りませんかー!
エアロ装着車の展示こそ無かったものの、このポスターはちょっと嬉しかったです。

写真が少なくて雰囲気が掴みづらいかもしれませんが、とーっても楽しいショールームなんですよ~!
普段何気なく見過ごしているクルマも、改めて触れてみると意外といい事に気付いたり。

みなさんも池袋へお出かけの際は是非寄ってみてくださいねっ!
(池袋のど真ん中にそびえる青っぽい建物が目印ですっ!)


Posted at: 2008/07/14/20:16
この記事に対するトラックバックURL :
http://www.kenstyle.co.jp/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=52


2008年07月08日 19:17

マツダビアンテ用エアロパーツ発売!


ケンスタイル広報の河村です。

今日は注目のアノ新型車が発売になりました。
そう、マツダの新型ミニバン「ビアンテ」です!

個性的なスタイル、劇団ひとりのCM等が発売前から話題になっていましたね~。
そんな話題の車種、我々が指をくわえて見ている訳にはいきません。。。

ということで、KENSTYLEでは既にビアンテ用エアロパーツを完成させております。

ジャーーーン!!!
マツダ・ビアンテ/フロント
マツダ・ビアンテ/リア
マツダ・ビアンテ/サイド
マツダ・ビアンテ/顔面

パーツ構成はフロントとリアのアンダースポイラー2点に、マフラーカッター。
パーツ点数を絞ったことでお求めやすく、扱いやすいエアロパーツとしました。
それでもノーマルとの差は歴然!ですね♪
エアロパーツの素材は高品質のウレタンで、一部純正塗装済みもご用意(白/黒2色)。
全国のマツダディーラーでクルマと同時にご注文いただけます。

それにしても、ビアンテのデザインは本当に個性的ですね。
箱型になってしまうのが宿命のミニバンにおいて、ここまでシャープで躍動的なスタイルは衝撃です!
シャープなラインに目を奪われますが、柔らかな面で構成されたボディはボリューム感もたっぷり!

内装デザインもすごい拘りで、まず目に付くのが内装パネルの凝った造型。
シートも連続するラインのカバーで下部まで隠しているのでレール周りの見た目もすっきり。
外装のアクセントにもなっているドアミラー前の変形三角窓(?)は、ピラー内張りをえぐる事で視界を確保。
マジメだなぁ、と思いきや、メーターのイルミネーションなんかは遊び心があってワクワクしちゃいます♪
マツダ・ビアンテ/インテリア
インテリアも独創的で「ビアンテに乗ってるんだ!」ということを強く意識できそうですね。

世界的に評価の高いマツダデザイン、さすがです!
是非みなさんも一度生でビアンテを見てみてくださいねー!


Posted at: 2008/07/08/19:17
Category: 【ビアンテ】
この記事に対するトラックバックURL :
http://www.kenstyle.co.jp/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=51


2008年07月01日 19:55

1冊まるまるノア・ヴォクシー!ONE & ONLY発売!!


ケンスタイルの河村です。
今日は新発売の雑誌情報です!

ノア・ヴォクシーのオーナーさん必見!
「カートップムック ワン&オンリー ノア・ヴォクシー Vol.2」が発売になりました!!

今回もケンスタイルのノアヴォクシーがドカーンと登場しております♪
ノア・ヴォクシー
このように各パーツまで細かく紹介してくれているので、当社製品をじっくりご覧頂けます!

毎回思うことですが、こういった車種限定ムック本、よくこれだけの情報を集めますよねぇ。
ホント、これ一冊あったらいじれない所は無いというくらい充実してます。
普段雑誌は読まないという方でも、ノア・ヴォクシーのオーナーさんなら納得の1冊になること受け合い。

ということで、ノア・ヴォクオーナーの皆さま、下の表紙を目指して本屋さんへれっつらごー!!
ONE AND ONLY
「ONE & ONLY NOAH・VOXY Vol.2」

Posted at: 2008/07/01/19:55
この記事に対するトラックバックURL :
http://www.kenstyle.co.jp/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=50


2008年06月25日 13:46

モパーミート


広報の河村です。

この前の週末、ツインリンク茂木で開催されたモパーミートというイベントへ行ってきました。
モパーとはクライスラー車全体を指す愛称です。
その名の通り、クライスラー車(クライスラー、ダッジ、プリムス、ジープ含む)のみのイベントです。

個性的なアメリカ車の中でもモパーの存在感は強烈です。
それゆえにクラシックモデルは現存数が少なく、世界的に価格が高騰してるとか。
それなのにこの会場にはレアなホモロゲモデルなどが大挙展示!
そのほとんどがナンバー付きのオーナーカーというんだから驚きです。

ではでは、その中の一部をご紹介しますねー♪

プリムスAARクーダ
AARクーダ
Trans-Amレースを狙ったホモロゲモデル。
少ない生産台数だったため、現在はとんでもない価格になってるようです。

プリムススーパーバード
スーパーバード
こちらはナスカー向けの激レアホモロゲモデルです。
空力を意識したノーズコーンと巨大なウイングが強烈ですね~。
これが日本に生息していたなんてちょっと驚きです!

ダッジスーパービー
スーパービー
このクルマはオプションのFRPフードが付いてますね。
このフード、なんとヒンジがありません。
エンジンを拝むには数人がかりでボンネットを外さなくてはならないんですよ~。
こんな車を市販するクライスラーってすごいですね。

ダッジチャレンジャー
チャレンジャー
個人的に昔から憧れの車です♪
これ以上値段が上がる前に…と思っても、現状既に手を出せる金額ではなかったりします(泣)
はぁ。。。

プリムスバラクーダ
バラクーダ
ヒップアップに極太タイヤが泣かせますね~。
ヤル気を感じさせるトラクションバーが素敵すぎます♪

ブ、ブルースモービル!!
ブルースモービル
映画ブルースブラザーズの劇中車を再現しているんですね!
格好いい!!

このイベント、車輌展示の他にドラッグレースも行われていました。
貴重な車を本気で走らせるオーナーさん達に感動しました!
ダッジチャージャー
AARクーダVSチャージャー

そして!
ケンスタイルでモパーといえばクライスラー300C!(唐突な展開ですが…)
300C
300C

下は2006年のSEMAショーにて。
2006SEMA

こちらは2007年のSEMAショーです。
2007SEMA
カスタム界の大御所サンティーニにカスタムを施されたケンスタイルエアロを装着しています。

こうして改めて見ると、現行車種にもしっかりと個性が息づいてますね。
300Cと言えばラグジュアリーが定番ですが、往年のマッスルカー風に仕上げるのもいいですね!

と、ただの趣味日記になってしまいそうだったのを無理矢理ケンスタイルに繋げつつ、本日の日記はここまで!


Posted at: 2008/06/25/13:46
この記事に対するトラックバックURL :
http://www.kenstyle.co.jp/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=49


2008年06月13日 15:24

KENSTYLE USA プチ日記!

こんにちはKENSTYLE鈴木です

6月となるとジメジメとした梅雨の時期を想像しますが、
ここカリフォルニア・L.Aは毎日カラリと晴れ渡り暖かい日々が続いてます。

朝起きて雲がかかっていても午後には太陽が顔を出し青空が広がります。



Fwy 110 North (105 Jct)


そんな青空の下、フリーウェイを使って北へ東へと車で移動する毎日。。。

燃料計の針を気にしながらのドライブ。

2~3年前と変わってきたのは、HUMMERのような大型のSUVやトラックが減ってきてる事。
原油高騰の影響を肌で感じます。


日本でもハイオクが1ℓ/200円を超えるとか超えないとか・・・
日本と比較してもガソリンの値段が安いアメリカですらその値上がりが消費者を苦しめています。

アメリカのガソリン価格推移を調べてみたら、
2003年には$1.56/1ガロン(1ガロン・3,78ℓ) 
円換算で約41円/1ℓだったのが、
現在$4.50/1ガロン・・・
円換算で約125円/1ℓ (105円換算)

約3倍の値上がりですよ・・・

でも、日本よりは安いように思えます・・・
アメリカのガソリンのコスト内訳は、
流通・マーケティングに 14%、
精製コスト・利益に 15%、
そして税金が 27% 、
材料である原油は44%と言う割合。

日本だと、更に税金がかかったりするんですよね・・・
日本ももう少しガソリンが安くなってくれないと、
燃料計ばかり気にして楽しい運転にならないですから・・・

そうそう、高速道路は無料にならないのでしょうかね?

例えばここL.A近郊だと一部区間のフリーウェイに有料道路があるのですが、
料金にして75¢~3ドル(約78円~315円)。

そのような有料道路意外、基本的にフリーウェイはどこまで行っても、乗り降り自由で無料です。

したがって、通勤圏も広がり比較的家賃や家の価格が安いエリアで暮らす事も可能。

更に、フリーウェイは5車線~7車線ぐらいあるので、比較的移動時間が読みやすい。

日本の高速道路も無料にすることで、首都圏に人口が密集せず、
国内旅行も増えて地方の活性化につながる様な気がするのですが。



Fwy 110 North

フリーウェイが無料でも、1人1台感覚の自動車大国アメリカだと、
ガソリンを1ヶ月に給油する回数は日本の平均の倍以上。

ガソリンの価格高騰が響く理由は使用頻度なのですね・・・


この車線の多いフリーウェイも、夕方4時以降はあちらこちらで大渋滞を引き起こします。


Fwy 110 North

さすがに6車線が渋滞だと諦めがつくのですが、
渋滞で出会うKENSTYLEに癒されて気分も上々。


Fwy 10 East

サブプライムやガソリン高等の問題、株価の下落、経済が低迷するアメリカでは高コストなトラック・SUVから、
ご覧のようなSCIONなどのコンパクトカーやプリウスなどのエコカーが増えてます。

(関係ないけど、オレンジ農家が減ってるバイオ燃料も考え物です)

BIG3を猛追する日本の自動車メーカーにとっては、
儲からない小型車と円高のダブルショックなのかもしれませんね・・・


Posted at: 2008/06/13/15:24
この記事に対するトラックバックURL :
http://www.kenstyle.co.jp/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=48


            ページ移動 前へ 1,2,3,4, ... ,107,108,109,110,111 次へ Page 108 of 111